ビジネスローンのビジネクスト審査に通過するには?

ビジネクストから融資を受けるための審査内容は?

ビジネスローンのビジネクストとは?審査はきつい?甘い?

 

ビジネクストの審査に申し込む個人事業主

 

ビジネクスト」はローン会社ではありますが、一般のローン会社とは違い個人での申し込みではなくあくまで退社方は法人や個人事業者向けの融資を行っている会社です。

 

もちろん法人や個人事業主であっても、申し込めば融資を確実にしてもらうということにはなりません。
個人がカードローンを申し込む時と同様に、「ビジネクスト」の行う審査に通る必要があります。

 

この審査に通りますと融資を受けることが可能になりますし、逆に審査に通らなければ融資自体を受けることはできなくなります。

 

それだけお金を融資してもらう時の審査は、「ビジネクスト」においても法人または個人事業主にとっても重要なものなのです。

 

ただし、この審査はカードローン会社においてもそうなのですが「ビジネクスト」においても審査基準や審査内容は公表されていません。
したがって、融資を受ける側は何をどのように審査されているかはわからないのです。

 

ビジネクスト」は審査については、「お客様の資金使途やご希望を踏まえ、総合的に審査をさせていただいております。」という文言だけが掲載されています。

 

ビジネクスト審査通過のコツと審査落ちの理由

 

 

ビジネクスト」に申し込む場合においては、インターネットから申し込みフォームに入力することになります。
フォーム内容としては、年商や創業年数などを入力します。

 

これらの内容から審査は行われることになりますが、この他にも他社からの借り入れ額なども調べられていると思います。

 

申し込むフォームに入力する場合において、まず本当のことを入力すべきです。
なるべく多くの融資を受けたいために年商を多く記載使用するのは、逆効果になってしまいます。
ビジネクスト」の審査に通るための第一歩は、申し込みフォームは正直に入力しましょう。
それが審査通過のコツになるのです。

 

審査基準について

 

ビジネクスト」の審査基準は公表されていないので、推測するしかありません。
一般的の個人のカードローンと同じく、個人の収入が年商に置き換えられるくらいであとは他社からの融資がどのくらいあって、毎月の返済がどのくらいあるのかが審査基準として設けられていると思います。

 

他社の融資額はもちろん少なければ少ないほど審査を通過するためには、有利だと思います。
返済の方は、毎月の返済額が多ければ新しく「ビジネクスト」で融資を受けるとさらに返済額が増えることになるので、審査する上でもかなり重要視しているのではないでしょうか。

 

さらに返済の履歴も審査の上では重要です。
過去の返済において、返済期日を守らないで延滞している場合も履歴として残ってしまうのです。

 

融資を行う「ビジネクスト」側としては、何回も返済の延滞している法人や個人事業主には信頼性が欠けることになり、結果として審査に落ちることになってしまうのです。

 

お金を借りためにはまずは信用されることが第1なのです。
いくら他社からの借り入れ額が少なくても、返済期日を守らないものは審査を通ることは難しいものと思います。

 

今すぐにお金の融資を受けたいと思っている法人や個人事業主の人達も、現在の返済をきちんと行っていくことに気をつけて欲しいと思います。
それが将来必要になった時の、融資を借りる際の審査基準をクリアできることにもなるのです。

ビジネクスト公式サイトを見る

 

「ビジネクスト」の詳細について

 

原則無担保無保証

 

ビジネクスト」では、無担保無保証で最大1,000万円まで融資を受けることが可能になっています。
しかも融資を受けている期間においては、何回も繰り返して借り入れすることが可能になっているのです。
ただし、法人においては代表者の方が連帯保証人とならなければなりません。

 

年会費保証料無料

 

ビジネクスト」では、融資を受ける場合において年会費や保証料などは一切ありません。

 

使用用途自由

 

事業資金の範囲内であれば、資金の使用用途は自由に使うことができます。
支払い期日が決まっている従業員の給料日に資金繰りがうまくいかなくなった時、会社の取引相手先への支払い時、新たな事業を始めるにあたっての設備投資の時などのまとまった資金を用意したい時などがあると思います。
このような事業資金ならば、「ビジネクスト」の融資を受けることができる条件に合致するのです。

 

「ビジネクスト」は総量規制の例外

 

総量規制というのをご存知でしょうか?
総量規制は、2010年6月から施行された改正貸金業法によって規制されたものです。
個人の借り入れ総額が原則、年収等の3分の1までに制限される仕組みのことをいいます。

 

この総量規制は、高金利時代において過剰な貸し出しにより破産者が続出した時の防止措置として生まれたものです。

 

つまり返済が可能なように年収に対する割合を3分の1としたのです。
ビジネクスト」においては、この総量規制はどうなのでしょうか?

 

ビジネクスト」での対象である法人名義での借り入れにおいては、総量規制の対象にはなりません。
また個人事業主は一定の条件で、総量規制の例外となって事業資金の借り入れが可能となっているのです。

 

その条件とは
@資金用途が事業資金であること(事業を営んでいること)
 したがって個人の用途ではこの例外対象の適用は受けれません。
A確定申告書および所定の事業計画 や収支計画、資金計画を提出できること。
B借り入れ金額が返済能力を超えない範囲であると認められること。
上記の条件では要慎重審査となっています。

 

貸付条件について

 

融資対象者
・法人又は個人事業主であり申し込み時年齢は満20歳から満69歳までとなっています。

 

融資額
・1万円から1,000万円(新規取引時は上限500万円)

 

利息(実質年率)
・8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)
・13.0%〜18.0%(利用限度額100万円未満)

 

延滞損害金(実質年率)
・20.0%

 

担保
・不要

 

保証人
・原則不要
ただし法人の場合は代表者が連帯保証

 

返済方式
・元金定率リボルビング方式

 

返済期間、回数
最長5年(60回以内)

 

 

必要書類

法人
代表者本人を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分
個人事業主
本人を確認する書類、確定申告原則2年分

 

契約時締結費用
印紙代(実費)

 

 

ビジネクストの申し込みから融資までの流れ

 

1.インターネット上から入力フォームから、簡単な情報を入力します。
2.申し込みにおいて「ビジネクスト」が仮審査を行い、その結果を知らせてきます。
3.仮審査が通ったら必要書類が送付されてきます。必要事項を記入して返送します。
4.本審査を行い、通ったら契約になり融資を受けることができます。

 

ビジネクスト」では、借り入れる場合や返済する場合においてセブン銀行ATMを利用することができます。
したがってお近くにセブンイレブンがあれば利用も簡単にできるのです。

 

事業を行うことは、いろいろな壁に当たることが何回も出てきます。
その時に役に立つのが「ビジネクスト」なのです。 

 

急ぎの資金調達はビジネクストで!

 

差し迫った資金調達は、個人よりも法人や個人事業主の方が多いと思います。
少しでも延滞してしまうと、個人で借り入れている以上に信用を失墜してしまい事業そのものに影響を及ぼしてしまいかねないのです。

 

急な時はもちろん、少しでも資金難に不安があるのでしたら「ビジネクスト」に申し込んでおくことも必要だと思います。

 

申し込みはインターネット上で簡単な入力でできますので、悩む前にまずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

 

ビジネクスト」はあなたの事業の強い味方になってくれるのです!

 

ビジネクスト公式サイトを見る